ビジネスマナーと営業トークの基本とコツ

ビジネスマナー営業トークの基本とコツについて解説しています。

メニュー| ビジネスマナー お茶 | ビジネスマナー メール | ビジネスマナー 研修 | ビジネスマナー 手紙 | ビジネスマナー 電話 | ビジネスマナー 名刺交換 | ビジネスマナーとは | ビジネスマナー検定 | 営業トーク | 営業とは | 営業ノウハウ | 営業力 | 住宅営業売り方 | 飛び込み営業 |

ビジネスマナー 電話

ビジネスマナー 電話

ビジネスマナーで、重要度が高いのが、電話の応対です。応対は顔が見えないだけに、相手に不快感を与えてしまいがちですし、慣れないうちは応対よりも緊張してしまうでしょう。大抵は電話を使いますし、目の前で電話が鳴っているのに取らないで相手を待たせるというわけにもいきません。応対を上手にできるようになるためには、練習と慣れしかありません。受け答えを注意深くきき、真似するのもオススメです。応対は、丁寧な言葉で「誰が」、「どんな目的で」、「誰に電話をしてきたのか」を知り、その内容を誰かに伝えたり、その電話を誰かに回したりします。電話応対の主なビジネスマナーとしては、三コール以内に電話を取り、会社名と名前を名乗ります。保留にし、長い時間待たせないようにして、電話を再開する時には「お待たせしました」と謝りましょう。