ビジネスマナーと営業トークの基本とコツ

ビジネスマナー営業トークの基本とコツについて解説しています。

メニュー| ビジネスマナー お茶 | ビジネスマナー メール | ビジネスマナー 研修 | ビジネスマナー 手紙 | ビジネスマナー 電話 | ビジネスマナー 名刺交換 | ビジネスマナーとは | ビジネスマナー検定 | 営業トーク | 営業とは | 営業ノウハウ | 営業力 | 住宅営業売り方 | 飛び込み営業 |

ビジネスマナー 手紙

ビジネスマナー 手紙

ビジネスマナーの一つに、手紙の書き方があります。メールでのやり取りが盛んになったこの頃でも、大切な書類を郵送したり、お礼状を送ったりと手紙を出す必要がなくなったわけではありません。手紙を出すのですから、手紙にビジネスマナーを押さえて、好印象を心がけたいものです。封筒に書く宛名は会社であれば様ではなく「御中」を、個人宛に出すのであれば、住所や役職名よりも名前を大きく書きます。住所と役職名は小さめ、会社名は中くらい、個人名が大きいという感じです。番地や「株式会社」なども略さずに書く方がいいでしょう。頭語と結語の組み合わせを時候の挨拶、主な用件、末文や追伸といった構成で手紙を書いてください。相手が手紙と封筒をバラバラにために、日付や署名、宛名などの後付も忘れずに入れておくといいかもしれません。